ExcelやAccess業務をそのまま活用しWebシステム化を安く・早く・確実に実現 | ディービーシート・クライアント(dbSheetClient)

ExcelやAccess業務のWebシステム化を安く・早く・確実に実現。

dbSheetClientは、現場で最も普及しているマイクロソフト社のExcelとAccessに焦点を当て、これらのアプリケーションにこの製品のフレームをはめ込むことで、容易にリッチクライアント型のWebシステムを構築できるソリューションを提供します。変化の激しい時代環境のなかで、システムのメンテナンスが容易であるとともに、システムの内製化も十分可能なツールです。Webシステムを自社開発し、その後のメンテナンスも自社で行うことで、仕様変更に対する迅速な現場対応とキャッシュアウトの大幅削減を実現します。


Excel業務のWeb化

dbSheetClientを使うと、データをExcelブックに保存するのではなく、データーベースに登録します。
それにより、Excelを集計するための煩雑な業務が必要なくなります。

煩雑なExcel業務はミスの誘発も

Excel業務の定型化運用段階

現場データをExcelブックで管理
ファイルレベルの情報の共有化
信頼性のあるデータ管理が困難
ブックを超えた集計処理が厄介
ブックを超えた集計データのリアルタイムな情報共有が困難

従来のExcel業務をWeb化すると

Excel業務のWebシステム化

現場データをサーバDBで管理
Excelとデータベース(DB)が直結
セキュリティの確立が容易にできる
分類集計の自動化(DB構築の恩恵)
リアルタイムな情報の共有化(DB構築の恩恵)

画面例

既存のExcel業務をdbSheetClientに置き換えた画面例をご紹介します。Excelの画面は既存のExcel画面をほぼそのまま使用できます。そのため、エンドユーザーにも負担を与えることなく導入し運用が行えます。

損益モニター
生産計画管理システム(PSI)
能力評価管理システム

Access業務のWeb化

Accessで業務を行っている場合も、dbSheetClientを使用して、Webシステム化すると、貴重な現場データをより有効活用できるようになります。

MDBでは制限や問題が発生しやすい

Excel業務の定型化運用段階

現場データをMDBファイルで管理
複数アクセスでファイル破損が発生しやすくなる
データ量の増大に伴い処理速度が極端に遅くなる
情報漏洩等セキュリティ対策が打てない
多人数で運用では運用管理に多大な労力を要する

サーバDBで管理しWeb化すると、

Excel業務のWebシステム化

現場データをサーバDBで管理
APIを使いdbSheetサーバのフル機能を活用
最新プログラム(MDB)の配布・更新の自動化
SQLServer、Oracleでデータの信頼性・堅牢性を確保
Access VBAの技術でWebシステムを構築

画面例

※ユーザー訪問をさせていただいた「一宮運輸株式会社様」の事例より

通関/作業実績データ
見積管理
顧客管理
(253) 415-8350